五月病

五月のGWも終わり、『さあ、また張り切って頑張ろう!!』って時に・・・嫌な予感はしていましたが

やっぱり体調を崩してしまいました。

風邪っぽいがいつもと違うな~と思いながら喉の痛みと戦っていましたが、そんな時ふと地面を見たら

黄色い砂の塊りが・・・黄砂か!!!

そういえば車の窓を全開にして一日走った後から調子がおかしかったな!!そして家の中に居る時は

調子も良かったし。

世間でいう五月病とは違いますが、黄砂、PM2.5、来年から違う五月病に警戒しないと・・・。

皆さんも気をつけて!!

 

Uchimura

(注文住宅・木造住宅・アトリエ建築家で家を建てるなら筑紫野市の悠建築工房へいつでもご相談下さい) 

 

大型連休

5月の大型連休

長い人で10日程あったのではないでしょうか。

 

私は今年初めて5月の連休に”連休”と”お出かけ”を味わいました。

中日だった事もあり移動のピークには被りませんでしたが、

どこもすごい混み様

毎年ラッシュを報道するニュースを見るだけで疲れてましたが

実際の混雑は想像以上…

元来引きこもりの私。

行列、渋滞、人ごみを見るだけで思わず

「帰りたい…

世のお父さん、お母さんは更にお子様方を連れてだから本当にすごい!!

翌日はもちろん!ゆっくりとした朝を迎えさせていただきました

 

…仕事をしているより疲れる…

 

ニュースのインタビューにそう応えたお父さんがいました

家族サービスって大変ですね。

 

皆様はどのような連休を過ごされましたでしょうか

 

mori

 

注文住宅・木造住宅・アトリエ建築家で家を建てるなら筑紫野市の悠建築工房へいつでもご相談下さい

世界建築賞2014 Vol,2

The chapel/ベトナム  設計:a21studio  カテゴリ:完成された建物―都市とコミュニティ
s-a21studio-the-chapel-designboom-09

昨年10月に、the MIPIM 2014 Awards 世界建築賞プロジェクトがシンガポールのマリーナ・ベイサンズで開催され、最終日に受賞作品が発表されました。全体を通してオーストラリアが多いように見受けられますが、次にベトナムの受賞が目立ちます。経済発展が著しいことくらいしか知りませんでしたが、今訪れたら超最新の建築をたくさん見ることができそうです。

s-g04

 

ベトナムのホーチミン郊外にコミュニティ·スペースとして建設されたそうです。集会、展示会、カフェとして利用でき、あらゆる市民が参加できる場所です。特に若者向けに設計されています。

 

 

s-a21studio-the-chapel-designboom-01

主な構造として鋼を用いることにより建物全体の軽量化、工期の短縮および低コストに成功。しかし鋼だけは完全な強度は得られないため、柱と梁を建物全体に張り巡らせ、安定させています。

s-a21studio-the-chapel-designboom-10

内部は純白の1部屋のみ。金属性のフレームでは暖かさは感じませんが、それを和らげるためカラフルなカーテンを配置することでにぎやかな空間に仕上がっています。市民のために創られた、まるで、大きな大きな大きな傘のような、優しいチャペル。ベトナムでは、所得格差や教育格差など、地方や地域によって貧富の差が広がりつつある昨今。虹色のチャペルが、世界建築賞最優秀賞を受賞したオブジェクトとは…虹色にヒントがあるのでしょうね。

次回は、オーストラリアの動的建築物をご紹介します。

kinoshita

 

 注文住宅・木造住宅・アトリエ建築家で家を建てるなら筑紫野市の悠建築工房へいつでもご相談下さい