星野村『KashiKichi』

お天気が良かったので、八女市星野村までドライブに行ってきました。

実は星野村…しょっちゅう足を運んでおりまして、特に何が!って訳でもないのですが、筑紫野からの距離感もちょうど良く、ドライブするには最適な場所です。
(まぁ、もっぱら助手席でウトウトしているのですが

そんな星野村で初めて立ち寄ったかわいいお菓子屋さん『KashiKichi(カシキチ)』

DSC_0243

山道の脇にひっそりと佇むお店の外観は、つい見逃してしまうほど周りの風景に溶け込んだ小さなお店で、案の定通り過ぎてしまい何度となく同じ道をウロウロするはめに…。

無事に辿り着き、お客さんの誰もいない店内のイートインスペースで温かい「抹茶ジュース」をいただいていると、お客さんが次々に入ってきて狭い店内は大混雑!

DSC_0239

皆さん地元の方というよりは、遠方からのドライブのついでに立ち寄った風の雰囲気の方々で、かわいらしい星の形の焼き菓子に感嘆の声をあげられていました。

DSC_0246

『KashiKichi』さんのコンセプトは【お菓子の秘密基地】だそうです。

本当に秘密基地のような小さくてかわいらしいお店でした(抹茶ジュースもおいしかった

IMG_20190115_173117

1月とは思えないほど穏やかで心地良い風と、澄んだ空気。

【星の文化館】から見る山々の雄大な景色は、ずっと眺めていても飽きる事なく、心洗われる景色に癒された一日でした

梅野
注文住宅・木造住宅・アトリエ建築家で家を建てるなら筑紫野市の悠建築工房へいつでもご相談下さい

お施主様へ感謝を込めて!【悠の会】

こんにちは梅野です。早いもので…今年も残すところあと4日となってしまいました。

私はというと、アレもやらなきゃコレもやらなきゃと気ばっかり焦る毎日ですが、時というものは容赦なく流れてゆきます…。

ともあれ!おかげ様をもちまして、悠建築工房の2018年も無事終わろうとしています!

この一年を振り返り感じた事、それは…

「今年もお客様に支えられてここまで来た!」という事!

いつも悠建築工房を支えてくださるお施主様に、何かのカタチで還元したい!

そんな思いもあって今年の夏『お施主様向けご紹介ポイントシステム【悠の会】』は発足いたしました。

ありがたいことに現在までの会員数実に300件!本当に嬉しいかぎりです!

本日、ポイントの交換を希望されたWさまのもとへ、景品をお届けにお伺いしました。

IMG_2552
「Wさま、こんにちは!まぁお子様もすっかり大きくなられて(オバチャン感激
ご紹介いただいたお客様も無事にお引渡しを迎えることができました!その節はありがとうございました!」

IMG_2545
Wさまのリクエストは『家庭用高圧洗浄機ケルヒャー』
「これ、すっごく汚れが落ちるんですよね!」
(私の主人は汚れが落ちる事に喜びすぎて張り切って家中の汚れを落としまった事で持病の腰痛が悪化し悲惨な年末を送った過去がありますから落としすぎにも注意!)」
IMG_2547-01
「かなり重たいので、わたくしめが心を込めて玄関先まで運ばせていただきます
(はりきる営業部穴見)

IMG_2550
「ガルバ(外壁)には適さないとの事ですが、色々試しながら使ってみて下さいね

玄関の土間の水垢が落ちるといいなぁ…と仰っていたWさま。

年末の大掃除に活躍すること間違いなしですね。ご主人様!これで家中ピカピカにして下さいね!

 

新たなお客様のご紹介やご成約、また、内覧会やインタビューのご協力を頂く度にポイントがたまる【悠の会】

獲得ポイントは10ポイントから交換可能で、すぐに交換するもよし!たくさん貯めて旅行に行くのもよし!ご希望の使い方で楽しめますよ

 

弊社も2日後に事務所の大掃除が控えております。今年の垢をしっかり落として、また新たな出逢いが訪れることを願いつつ、大掃除に励みたいと思います。

今年も大変お世話になりました。

営業部 梅野 朗子

 

 

 

子どもの成長

ブログで数回紹介していた我が家のDIY☆

今回はゴミ箱隠し?です♪本来は息子の洋服等を入れるクローゼットとして作っていたのですが、

ゴミ箱をあさったり、なんでもかんでも入れたりするので、用途変更です(笑)

キャスターをつけているので出し入れに便利ですし、ゴミ箱も隠せるので一石二鳥!!

息子もあっという間に大きくなりました☆

来年は<家族をなにより大切にする>が目標です。

当たり前のことですが、忙しい毎日の中で忘れがちなので…。

akiyamaIMG_8495

 

IMG_8517

 

イルミネーション、はじめました

IMG_6326-1024x683-1[1]

  急に寒くなりました。皆様、お風邪などひかれてませんか?  

 早いもので師走です。今年も残すところ1か月をきりました。

 やり残しがないように過ごしたいものですね。

 

街はクリスマスムードが高まってます。

悠建築工房も筑紫野市美しが丘南のモデルハウスにイルミネーションを飾ってます。

 

s-IMG_20181210_153137   社員総出で飾り付けました  

   国道3号線をお通りの際は、ご覧下さい。

   それでは、良いクリスマスを・・・ 鶴田   

                   yjimage[2]    

 

 

 

女性の力

早いもので、女性上司のもと、仕事をやり始めて9ヶ月が経ちました。

私事ながら殆どを1人で暮らしてきたせいか、女性と一緒に活動することに不慣れな為、当初は「なぜ、そんな事まで考えるのだろう」というような事が多々有り、戸惑いもしましたが仕事と割り切ってやっておりました。

しかし、月日が経つにつれ次第に私自信の考え方に変化が起き始めました。

それは、ひとつひとつ丁寧にする事の大切さに気づきはじめたことです。

今迄の自分は自己中心的で他人のことはあまり考えにいれずに判断していくことが当たり前と思っていましたが、ここで仕事をむするうちに、そうではない、という事に気づきはじめたのです。

思えば、今や世間では女性の力が大切な存在になってます。

その考え方を取り入れることを教えていただいた事に感謝です。

気がつけば、秋のおわり…

私事ですが、今年の5月よりチャレンジしていた事がありました。

そのチャレンジに向けて、駆け抜けた6ヶ月でした。

ふっと、気がつくといつの間にか、朝も夜も肌寒い季節へと変わっていました。

チャレンジに向けて、取り組んだ時間は、貴重な…貴重な…体験でした。

これからは、12月の決算処理に向けて、全力疾走です!

                            hirayama

 

 

 

 

地鶏のお店

先日、誕生日を迎えました

こんな年齢になるとは若い頃は考えておりませんでした、まっぽしオジサンです。

最近は若い社員も増え、若い方の考え方を聞きながら、そうゆう考え方もあるんやねと感心する事もあります。

上手く融合して、良い家づくりをしていけたらと思います。

 

さて誕生日当日、正々堂々と家族の許可を頂き、昼間からを頂けるという事で、お祝いをしてもらいました。

お店は太宰府の山奥、竈門神社近くにある炭焼地鶏  山蔵(サンゾウ)です。

前から一度行ってみたかったのですが、念願かないました。

炭火で地鶏を焼くスタイルですが・・・店の名前そのままですが

美味いです、とにかく美味い。

新鮮そのもの

秋風にが進む、最高の一日でした。

二回目行けた時は、売り切れだった地鶏のたたきを頼もう~

 

みなさま、お勧めのお店あったら教えてくださいね

 

kanemitsu

注文住宅・木造住宅・アトリエ建築家で家を建てるなら筑紫野市の悠建築工房へいつでもご相談下さい

2018 Pritzker Architecture Prize

 建築界最大の栄誉であるプリツカー賞に輝いたのは、低価格住宅のパイオニアと讃えられる90歳のインド人建築家、バルクリシュナ・ドーシ。インド人として初の受賞者となりました。ドーシは、自然や東洋文化、インドの寺院・霊廟やにぎやかな街角の生活を豊かな源泉として、力強い生命力にあふれた建築をつくり出す。プリツカ-審査員団はドーシについて「建設に携わった100以上の建築物にみられる類まれな才能、母国やコミュニティへの尽力と貢献、教育者としての影響力、長いキャリアを通して世界中のプロフェッショナルと建築の学生たちにとって、卓越した模範となったことを称える」と述べました。
 
 ドーシは1927年、インドの都市プネに生まれました。ヒンズ-教徒の親族たちは家具製作業を2代にわたって営み、幼少期から職人技術や空間比率の感覚に触れていたこと、また、3人の叔父とその家族を住まわせるために祖父の家を繰り返し増築して階を増やしていたことが、建築の道に進むきっかけになったと話しています。ドーシは、「私はずっと、空間は生きていると感じてきました。空間と光、そして空間の中に入り込んでくる動きが、私にとっては非常に重要なんです。そこから対話が生まれます。そこから活動が生まれます。そこから、人が生活の一部となり始めるのです。私の建築哲学は『建築は生活の背景である』なのです」と語ります。
 
 インドが独立を獲得した1947年、20歳のドーシはムンバイにあるインドでもっとも歴史と権威ある建築学校のひとつ、サー・J・J・スクール・オブ・アーキテクチャーで建築の勉強を始めました。1950年代には、伝説的なモダニズム建築家ル・コルビュジエのもとでシニアデザイナーとして働き、アーメダバードやチャンディーガルなど、コルビュジェのインドでのプロジェクトを指揮、その後、ドーシの事務所《ヴァスツ・シルパ》(右写真)は、インドにおける低価格住宅と近代的都市計画のパイオニアとして知られるようになりました。プリツカー審査員団による発表では次のように述べられています。「バルクリシュナ・ドーシが長年にわたって生み出してきた建築は常に真面目で、決して派手でなく、トレンドを追うこともありません。ドーシは、品質の高いオーセンティックな建築を通じ、母国と国民のために貢献するという深い責任感と意思をもって、行政機関や公共サービス、教育文化機関のための建築、個人向け住宅など、多様なプロジェクトに取り組んできました」
 
 (左写真)インド経営大学院バンガロール校(1977-1992、段階的に完成)の半屋外廊下
初期にル・コルビュジエやルイスカ-ンと一緒に働いてきたことから、ドーシはモダニズムの建築史や、モダニズム建築とインドやほかのアジアの国々とつながりの歴史に登場する人物です。
 
(右写真)インド経済大学院バンガロ-ル校 図書館内部
随所にル・コルビュジエの影響が感じられるモダンなデザインで、オープンなスペースを繋いで空間を作っています。フランス・パリのル・コルビュジエのもとで西洋的なモダニズムを習得しながら、インドに戻り東洋文化やインドの気候、風土、文化などと関連付けて作られるドーシの建築は非常に興味深いといえます。
 
(左写真)ライフ・インシュアランス・コーポレーションの社宅
ドーシがもっとも気に入っているプロジェクトのひとつ。1家族の数世代が同居できるように設計されています。
 
「私の仕事は、私の人生や哲学や夢の延長であり、私はそこで建築精神の宝庫を創造しようとしてるのです」ドーシは受賞に際しての発表でこう述べています。「この栄誉ある賞をいただけるのは、私の師であるル・コルビュジエのおかげです。彼の教えによって、私はアイデンティティに疑問を抱くようになり、持続可能で全体性を重視した生活環境を実現するため、地域に受け入れられる時代をとらえた最新の表現を発見せざるをえなくなったのです。私の仕事がこうして評価されることはとても感慨深く、努力の実った思いであり、心から謙虚に感謝の念をもって、プリツカー審査員の皆さまへお礼を申し上げます。今回の受賞によって、『ライフスタイルと建築がひとつになったとき、祝福がある』という私の信念を再確認しました。」
 
財団の発表によると、トム・プリツカー会長は選考理由を次のようにコメント。「ドーシ氏は、『デザインとは、シェルターを住宅に、住宅をコミュニティーに、都市を機会が集まる磁石に転換するものである』と語った。バルクリシュナ・ドーシ氏の生涯をかけた活動は、建築の芸術性と、人類への貴重な貢献を示して見せたという点で、まさにプリツカー賞が持つ使命を強調するものである。60年以上私たちのために尽力し続けてきた建築家に贈れることを光栄に思う」

 

 kinoshita

  注文住宅・木造住宅・アトリエ建築家で家を建てるなら筑紫野市の悠建築工房へいつでもご相談下さい

 
 
 
 
 
 

後悔後に立たず

朝晩の冷え込みが日に日に厳しくなってきましたが、皆様は体調管理はいかででしょうか?

最近自分の中で気になる言葉があります。

それは「グランピング

そうです!流行に乗りたいのです!幸い我が家には庭がありますので、グランピングしたいと考え出しました。

もちろん妻には内緒です。近所の子供達に優雅な雰囲気を見せる気満々です!

必要な道具、ハンモック(酔うので無理)テント(今後の使い道を見出せない)ランタン(これなら怒られない・・多分)

焚き火・・・焚き火には癒し効果があると木下より以前聞いたのを覚えていた私は焚き火の道具に飛びつきました。

これだ!と思いネットで検索開始です。見つけました!!洒落てます。今はファイヤーディスクと言うんですねw

妻に購入したい事・グランピングしてみたい・今は道具が安く買える事を一生懸命プレゼンしましがOKはでません。

プレゼン失敗です。軽く凹みましたが数日後に勝手に購入に踏み切りましたが、金額が上がってました・・・

欲しい物は、欲しい時に買わないとダメですね。

焚き火がグランピングか?と言う事には触れないで下さいw

                                                                                                                                                                                                       hisasaki

 

中庭が癒されるんです☀

 

 

こんにちは★ 

みなさんもう新しい建売はご覧になりましたか?

 

中庭の植栽がとても癒されます。

IMG_6068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スチール階段との相性もよくとても映えてます(笑)

IMG_6069

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6056

 

 

 

 

 

 

 

2階の照明やレッドシダーの天井もかっこいので

是非見に来てくださいねー!!

 

 

            大塚(旧姓:石川)